自然由来だから良いとは限らない?

さて、ここまでドッグフードには様々な種類があって、その中から、動物に合わせたものを選ぶ必要があるという点を取りあげましたが、良く話題になるのが、『無添加』のドッグフードなどです。無添加、というのは、保存料などが含まれておらず、自然由来のものしか含まれていないものにも用いられることがあります。

合成着色料などが含まれていないという点は、健康に関して考えている方には特に安心出来る点かもしれません。現代ではいわゆる無添加を売りにしているドッグフードも販売されており、健康について考えるならそういった商品を選ぶことができるかもしれません。ただし注意したいのは、無添加であるからと言って手放しで何でも選べば良い、というものではない、ということです。先ほども挙げたように、その犬に合わせた食材を選ぶという点で、いわゆる「ほかの要項」…アレルギーなどのことも同時に考える必要があるかもしれません。

例えば、特定の食材に対してアレルギー反応を示してしまう犬にはそれに対応したドッグフードを与える必要がありますから、無添加だからといって何でも良いというわけではなく、含まれている成分にも注意を払う必要があり、どちらかというとそちらの基準を優先させるべきです。

ドッグフードの種類とは

よりベストなものを与えたい、それは私達が私達自身の体を気遣うときに考えることと同じです。例えば、私達は自分の食事を選択するとき、それが信頼できる食事であるという保障が欲しいと思っています。

どこかわけの分からないところから入手した食品というのは、理由がなくても不安に思ってしまうことでしょう。健康に害は無いか、そもそも命に危険が及ぶような食品ではないか、毒が入っていたりしないだろうか、と考えてしまうこともあるかもしれません。ペットは、その点で判断を行うことが出来ませんから、私達がそれを同様に考えてあげる必要があります。

ドッグフードにも、いわゆる種類があり、いわゆる『乾燥タイプ』のもの、また、生の食材などが入っている缶詰タイプ、いわゆる『ウェットタイプ』のもの、それら中間の位置にあたるもの、など様々です。乾燥タイプの餌であれば長期保存が可能ですが、より栄養に関してバランスの取れたものを選ぶのが難しいでしょう。

食材が入った少し高級な餌は、毎日ではありませんが、どこかの食事に取り入れてあげることによってより健康を向上させることが出来ますし、犬も喜びます。ただし、品質の問題と、保存が利かないという点は注意が必要です。

犬に合ったドッグフードを

私達人間もそう言えますが、個人に合ったものを得るようにすることによって、より私達自身の健康を促進していくことができるかもしれません。勿論私達はどのようなものであっても取り入れることは可能となっていますが、それはどのようなものでも食事として取り入れて良いということではなく、より私達の健康を向上させるという形でとりいれていかなければならないということです。それは、私達人間だけではなく、ペットとして飼われる動物にも同じことが言えます。

動物もいつも栄養分を必要としていますから、私達が餌をあげないと、すぐに栄養不足になってしまいます。しかしながら、やはり私達と同様に、犬であれば犬、猫であれば猫に合った、しかもその個体にあった餌を与える必要があるという点では、私達にはそれらを選ぶ選択が求められていると言えます。

選択というのはどのようなドッグフードを選ぶかという点です。どのドッグフードを選ぶかということに関して参考に出来るのか、それにはまず犬種について良く知っておく必要があります。犬ごとに、いわゆる『必要としている』栄養分が少しずつ異なっています。その犬に合わせたベストなものを調べることができます。